• 「仕事を辞めたくても辞められない!」
  • 「いま退職すると、みんなに迷惑が掛かる!」

いるんですよね。会社を辞めたい」と言いつつ辞めない人。あれこれ理由をつけて、じぶんの「辞めたい」という思いから逃げてる甘えですね。

でも安心してください。それは、20代の経験の少なさゆえに洗脳をされているだけ。冷静になって考えればアナタ一人が抜けたところで、誰に迷惑が掛かるわけでもないのです。

 

え?部外者にはわからない事情がある?

「そりゃ知らんがなw」という話ですよ。それはお互いさま。誰も他社のことなんてわかりません。ただ言えることは、ぼくは客観的に物事を思考できる部外者という事実です。

「辞められない」という理由で、時間をムダに生きる人っているんですよね。20代という仕事も変え放題な時期にも関わらず。

辞めたくても辞められないという人が、問題を解決する考え方を指南します。

 

「辞めたくても辞められない」という宗教

「辞めたくても辞められない」という状況は、多くの人が引っかかる心理的罠とも言えます。ぼくも20代のころは、散々会社の言いなりになっていたので、よくわかるんです。

未熟さゆえに、抜けられないんです。かといって、「辞めなさいと言われてすぐに辞められたら悩まないですよね。

 

色んな事情があると思いますが、理由の1つにその会社にしか心のよりどころがないパターンです。

実際に「ここを辞めても次がある」と思う人は、バンバン辞めますからね。悪徳宗教に騙されやすいメンタル状況だから、辞められない思考が強くなるんです

 

なぜこのような思考になるのか、そこから考える必要があるのです。

この記事を読んで、「ああ、今の職場は変な会社なんだな」と思えたら、辞める方向に進めますから。

 

① いきなり物事を辞めることが、道徳に反すると教わっている

宗教にハマる人ってクソ真面目なんですよ。じぶんの中に「こうあらねば!」という精神が住み着いています。良くも悪くも道徳に反しない教えを守っています。

「かんたんに会社は休んじゃダメ、辞めてはダメ」と制限を自ら作り出しているという話。

 

え?会社の人も真面目にやってるから、じぶんも守るのは当たり前?

いやいや、「バカ言ってんじゃねーよw」って感じです。

 

今、辞めたい会社は、本当に真面目な会社ですか?「辞めたいのに辞められない状況」があるのに真面目な会社?

サビ残ばかり、給料未払い、パワハラ、セクハラ…思い当たることは無いですか?何もないのに辞めたいなら考えた方が良いですよ・・逆に。ってか、考えてね?

 

で、考えてもらいましたが、会社も労働法という道徳に違反してるところあるでしょ?そこで、会社側の肩を持って何を「辞めたいのに辞められない」と言ってるんだか。

「いきなり辞めるくらいで、世界が動くみたいな自惚れた言い訳してんじゃねー」って話です。

20代ならロクに辞めたこともないでしょ? たくさん辞めた上で、本当に迷惑をかけた事実ありきで物を言ってください。

 

変に律儀な人って、融通性の無いバカばかりなので話になりません。まあ、これはぼくの20代の姿なんですけどね・・w それでも続けたいなら、辞めたいと嘆かずに頑張れw

 

② 人の目を気にした瞬間、正常な判断はできないという事実を知らない

「辞めたくても辞められない」という意見の行きつく先には答えがあるんです。

それは「辞めたくても、(辞めると周りに悪く思われるから)辞めたくない」というホンネが隠れてるんですよ。みんなじぶん大好きですから、悪くは思われたくない。

 

むしろ「キレイに辞めたい」とか、「応援されて辞めたい」みたいな寝言をほざいてる人に多いですね。図星ならごめんなさいね。ぼく、ネットだとこういう言い方するから。

人って不思議なもので、じぶんの思いで動いているようで動けていないことが多いんですよ。特に、人の目を気にしがちな人。気にした瞬間、それは他人の人生を生きているも同じ

 

ぼくは、離職を繰り返した人間ですが、人の目を毎回のように気にして生きていました。「辞めたら申し訳ない」という一心で、辞めるタイミングを伸ばし続けたのです。(11回転職)

結果的にどこかで辞めるのですが、もう周りの目を気にしているので正常な判断なんて出来てやいません。

 

会社の人や、周りの評価にがんじがらめにされてました。誰かの目を気にし、評価をアップさせるために働いているわけでもなかったのに

20代のすべてをこんな感じで生きていたので、当然ですけど30代になって後悔していることばかりです。

「辞めたくても辞められない」と思う事が、正常だと思うなら、もうぼくは何もいいませんよ。

 

③ そもそも、じぶんの時間を生きたことが無い

「辞めたくても辞められない人」には厳しいですが、それはもう社畜というか。子供ですよ。じぶんの時間を生きたことが無いから、そんなことになっているんです。

ぼくは、時間の概念について真剣に考えるべきだとブログでもお伝えしています。有限にある時間を、どう使うかで人生の豊かさが変わるからなんですね

勤務時間をムダにするな」とか「入社前の約束と違うところは危険」で書いていますので割愛しますが。

 

「会社を辞めたい」と思っている段階で、もうアナタの中では”終わった会社”になってるんですね。そのオワコンな会社に、なぜ時間を投じるのですか?というわけです。

先ほど述べた、人の目が気になるのも1つの理由でしょう。

 

しかし、もっと大きいのは「じぶんの時間を生きていないこと」に原因があるのです。

家に帰っても、会社の仕事を持ち帰るだけでゴロゴロしていませんか?「これだけはやらねばいけない」という趣味など持っていないでしょ?

 

厳しく書きましたが、人はじぶんのやるべき事が明確化していると、「NO」を突き付ける力を持つようになります。辞めたい会社に、悩んで居座るなんてナンセンス。

ぼくも今が会社員なら辞めますね。辞めて、少しでもみなさんに、ぼくの20代の後悔を伝えないといけませんから。

そしてじぶんの会社の仕事も。ぼくのやるべき事でもあるから、こうやって書いてるわけです。

 

幸い、ぼくはじぶんの時間を生きることを手に入れました。事業をやってみたり、こうやってメッセージを飛ばしたり。

そこに、「辞めたいけどどうしよう」なんて、悩む余地もないほどです。じぶんの時間を生きるのは、なかなかできることではないのですが・・。

ただ、悩む時間があるなら、もっと他にも生産的に時間を使えることがあると覚えておくといいですよ。「辞める、辞めない」の低次元な悩みは卒業しましょう。


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)