能力的に優れてるわけでは無いけど、会社内での評価は高い

能力面で飛び出た人では無くとも、社内評価の高い人材はいます。どこの会社も、「なんでコイツが評価されるの?」と思うケースはありますから。

 

でもそれは当たり前のことで、人間社会として「人の評判」が大きく影響していることは多々あります。少なくとも、能力的に目立つものがない人が評価されていれば間違いなく評判がいいはず。

「あいつは真面目に仕事をしない」とか「口先だけで知識も少ない」という人が上に行くことは困難です。コネとかならありえますがw

 

逆に「不器用だけど真面目な人」とか「常に勉強して努力している」という人は評価されやすい。

以前、会社で評価されたければ「仕事の成果を可視化させよ」と書きました。これに続く話として「社内での評判」が評価を左右するという話をお伝えします。

先輩たちを抜き去って、一気に管理者になった20代男性

ぼくが介護をしていたころ、20代中盤の男性が一気に管理職に回ったことがありました。仕事の出来でいうと、先輩たちには劣るところがあるも抜き去って管理職。

もちろん、仕事は真面目にしますし、最低限の能力は持っています。ただ、それでも先輩たちよりは少し落ちるところがありました。

 

しかし、彼が凄かったのは評判が圧倒的に良かったこと。職場内での彼の位置は、ムードメーカーであり先輩も後輩も面倒を見ることができる人材。

後輩が嫌がる残業を買って出たり、先輩の命令はしっかり聞く。ぼくとはまるで対照的です(笑) そんな彼ですから、評判はみるみるよくなって先輩たちを差し置いても文句は1つも出ませんでした

 

給料もそれに乗じてアップしているわけですから、彼に取っては良いことだらけだったということになります。

ここでぼくは、「人の評判」の偉大さを学ぶことになりました。

 

働く上で「周囲の人と良好な関係を築ける」は最強能力

それにしても彼が、20代半ばで圧倒的な評判を手にした理由はなぜだかわかるでしょうか?これはぼくも納得だったのですが、「周囲と良好な関係を築けること」が彼の能力だったわけです。

ぼくはこんな性格ですから、周りとは適当に付き合って早く仕事を終わらせたかった人間。。もともとコミュニケーションも苦手で、彼のように先輩後輩と分け隔てなく良好に関わるのが難しかったわけです。

 

働く上で最低限の個人スキル・知識などの能力は大事とされていますが、「周りに合わせられる」という基本は意外と誰もができることではありません

学校に行く子どものように、彼は色んな人との交流を図っていました。これは特殊能力で、子ども時代でも周りと関係を築くのが難しかった子もいるくらいですからね。

 

職場は人間関係でいちばん人が苦悩するポイント。評判を高めることは、簡単なようで難しいものだと覚えておくと良いですよ。

ぼくも大した能力が無くても、同じように周りの評判で仕事を任されたことはありますが、人間ってそういうものだなと思うばかりです。

 

いつも職場で評判が悪い人がやるべきこと

ちなみに、「いつどこで働いても評判が良くならない」という人もいるはず。そういった方には、狙うべき評判アップのポイントがあります。

【できる限り周りとのコミュニケーションを取ることを意識する】

これです。すべてはコミュニケーションに凝縮されていると思っておくといいです。

 

いくら仕事ができても、ぶっきら棒に我が道を進んでも評判って上がらないんですよ。最悪、「あの人はいつも一人で先に進める」と言われかねない。

逆に、円滑にコミュニケーションを取りつつ周りと合わせられれば、毎日いっしょに働くわけですから情も湧くというもの。少なくとも嫌な人のイメージは無くなるんです。

 

ぼくが失敗してきた職場でのエピソードは、おおよそこれが出来てなかったのも大きいですね。コミュニケーションを取らないと、人物像すらわからず評価のしようがないですからw

そういう時に限って、ミスして注意を受けるのでイメージは最悪。これで評判は転落して、いつまでも同じような仕事しか回されない悪循環にあったと反省しています。

 

20代から特殊なスキルや知識を得るのも大事ですが、「仕事で認められる基礎には評判が必要」と体感しておくべき。ここを重点的に意識するのも仕事術ですよ。


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)