ニートから仕事を始めたけど、なかなか仕事が上手くいかない

かれこれフリーターをやっているが、正社員の道が見えない

せっかく働き始めても、上手くいかないことがあると心が折れそうになりますよね。特にぼくはニート脱出から就職して、フリーターになって・・。その過程で何度も上記のようなことを思ってきました。

 

働いても報われないというか、頑張っても仕事が上手く進まないってストレスなんですよね。でも、これは働き方における重視すべきポイントを知らないだけ。

ぼくの20代のころの失敗談から見えてくるのは、ニートは量をこなし、フリーターは質を重視しないと上手く行くものも行かなくなるということです。これを知れば、働き方のヒントになりますよ!

働き方は、立場によって変わるものだと心得よ

「仕事が上手くいかない」という人の中には、何でもかんでもがむしゃらにやってるだけの人も多いはず。「がむしゃらに頑張る」は仕事で評価されやすい根性論なので影響を受けやすいのもあるでしょう。

 

しかし、働くということは頭を使うことに他ならないんですね。

毎日同じような仕事をしていたとしても、考えながら「より良い仕事」に変えていかないと立場は変わらないままになります。

 

例えば、ニートを脱出して働き始めたばかりの人と、すでにフリーターをやって何年かバイトをしている人では立場も違います。この立場の違いを比較して、何を重視しながら働くべきかを考えないと先が見えなくなるということです。

 

ニート脱出後はとにかく「量」をこなしなさい

ニートを脱出したばかりだと、仕事をとにかくこなした方がいいです。これは、同じ仕事でも良いですし、嫌な職場に当たれば転職しても構いません。ぼくは何度も職場を変えてます

とにかく仕事に触れていき、成功も失敗も関係なく「量」をこなす必要があります。これは色んな仕事を試していくことで、仕事の向き不向きが見えてくることが関係するんですね。

 

どんな物事にも言えることですが、1~3日やったことと1~3ヵ月やったことではその物事に対する見方は違います。「量をこなしたからこそ見える世界がある」というのは、ぼくの経験から言える事実です。

いきなり正解を求めて正社員に就職しなくてもいいんです。まずはニートを脱出したわけなので、手あたり次第できそうなことをやっていきましょう

 

フリーターなら「質」の重視は絶対的になる

ニート出身者が量をこなすことに対して、すでにフリーターとして働いているなら仕事の「質」を追求すべきです。立場上、同じことを繰り返して仕事に慣れているはず。

ぼくだと、この同じことのループの毎日で精神的に病んでいたこともありフリーターのつらさはよく分かります。「早く正社員にしろよ!」とか思っちゃいますよね。

 

そこで考えないといけないのは、フリーターも長くやるなら同じことを淡々とやってはいけないということ。量をこなしても、それ以上先には進めないのです。

そのため、今やっている仕事に改良の余地を見つけて「質の向上」を図って下さい。同じ仕事をしているなら、より早く終わらせるスピードを意識するとか何でもいいです。

 

これが出来ないと、会社からは「レベルアップをしない人」と捉えられるんですね。ぼくのミスでもありますが、20代のじぶんは全くこれが出来ていませんでした。

同じことをやらされる面倒臭さから、向上心などは無くなって・・何も考えずに同じことを繰り返す日々。これでは、周りにやる気が無いと思われるなど、良いことは何一つありませんでした

 

会社はより良い仕事を求めてくるが、ぼくたちも同じことをしている

会社に入ると、まずは仕事を覚えるように新人は言われます。それが出来るようになると、スピードを上げて作業をこなすよう求めてきたり、より良い仕事をしてもらうようハードルを上げようとしてきますよね。

「1つ出来たらまた要求かよ」と思ってしまうところですが、これはぼくたちも同じなんですね。「これが出来るなら、あれも出来るだろう」と他人に期待してしまう

 

親との関係などでも、夕飯を作ってくれることが当たり前なら、だんだん「ちょっとは美味い物を増やして欲しい」と思ってしまう。最初は作ってくれるだけでありがたかったのにw

ぼくたちが親に求めるように、会社もどんどん求めてくるのが当たり前です。むしろ「入社時と同じ仕事レベルをキープして欲しい」と思われる方がありえない話なのはお分かり頂けるかと。

 

仕事が上手くいくか不安なら、まずは①量をこなし②質を上げていくを意識されてみて下さい。仕事が上手くいかない時は、これらの手順を振り返ることをオススメします。

どうしても悩みながら働いてしまう場合は、メンターを付ける意味で派遣やエージェントを利用してみるのもいいかと思います。当ブログでも20代求人サイトをまとめているので参考にされてみて下さい。


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)