• 「就活の具体的な流れがわからない・・何からやればいい?」
  • 「仕事っていうか、やりたいことが無いのに正社員になれるの?」

突然ですが「東京、千葉、埼玉、神奈川」のいずれかで正社員として働きたいフリーターの方で、ハタラクティブを知らない方はいませんよね?

 

このような言い方をしてもいいほど、ハタラクティブは20代に強い求人サイトなのです。正社員になれないと嘆く人は、思い切ってハタラクティブを頼る道もあるのです

おすすめできる理由にあるのは、圧倒的に20代フリーター寄り添ったサービスを提供していることにあります。具体的に、どういう面で寄り添っていると感じるのかをご紹介します。

ふつうのサポートでは、満足できない20代フリーター集合

ハタラクティブは、ふつうのサポートで運営していません。「本当にゼロから始めないといけない求職者」を相手にしてくれます。ゼロから始めるというのは・・

  • 就活を何からやればいいのか分からない
  • やりたい事がそもそもない
  • 一般的な就活マナーも理解できない

などの状態。この状態で、一般的な求人サービスを利用すると、「ふつうのサポート」を受けて終わり。

仕事を紹介されて、応募して面接して・・不採用。。ふつうの対応を受けていれば、これの繰り返しになりますよね。何もわからないのに「これくらい最低限は知っておかなくちゃ」とか言われたらやる気も失せます

 

しかし、ハタラクティブはこういった悩みから解消して、正社員に向かう準備を手伝ってくれるんですね。これが20代フリーターに寄り添いのある姿勢だと感じるのです。

既卒・第二新卒・フリーターと就活に困る人ほど、ハタラクティブを利用すべきポイントを3つにまとめました。

 

①    仕事を探す段階で迷っている人を助けてくれるアドバイザー

「これいいな」と思うのは、働く以前の段階で迷っている人をサポートする姿勢があることなんですね。仕事を探す段階で、「正社員としてやれる自信がない」とか、「やりたいことがない」という人は多いんですよ

ぼくもその一人だったのですが、「こんな状態で仕事を探していいのだろうか?」というレベルで悩むのです。ニートしてたり、フリーター経験しかないと自信も失われやすいんですね。

 

ですが、ハタラクティブはまさにここからスタートをさせてもらうことが可能。アドバイザーがいるので、「まずはカウンセリング」という形から話をすることになります。

求人サービスにはカウンセリングがつきものですが、一定のハードルを越えていないと足切りされて相手にされないこともありますよね。「もう少し、仕事に対する考えをまとめて来てください」みたいな。わからないから来てるのにw

こういったこともなく、初歩的に「やりたいことを探す」という部分からサポートしてくれるのがハタラクティブです。「自信がない人ほど、まずは相談がいちばん」というのは、ぼくの体験からも言えます

 

②    サポートも優秀!内定率は80.4%と成功率が高い!

心配なのは、「せっかく利用するのに結果が出ない」というところ。ぼくは、ニートやフリーターのころ、就職サポートを某所で受けていたんですけどね・・。結果が出なかったのです。

理由は分かっていて、これから応募する企業のことを担当者の人もあまり理解していないことが多かったからです。サポートと、求人紹介が分かれているところだと、担当が違うので仕方が無いのですが・・。

 

それが、ハタラクティブの場合は、企業ごとにしっかりサポートをしてくれます。面接後もフィードバックをしており、対策に対策を重ねているからこそ8割を超える内定率を生み出しているということです。

これは、派遣会社などに多いのですが、優秀なところは「内定率を掲載している」、もしくは「聞けばすぐ答えてくれる」ので分かりやすいです。強みになっているんですよね。

書類審査の通過率も高いですが、企業が好むポイントを教えてもらえている証拠

 

ぼくも、某派遣でサポートを受けた当時、担当者から「企業からの質問」をあらかじめ教わっていました・・(笑) このように、研究して少しでも内定させようとする姿勢があるところで就活したいですよね。

 

③    入社後のフォローもあるため、問題があっても対処可能

入社後のサポートも、就活アドバイザーから受けられるのは大きな強みです。一般の求人を使うと、これらの過程が無いので一人で悩みを抱え込みがち。

「ちょっとこういう問題があるんですけど・・」と相談しても、入社後までは面倒を見れないというのが求人サービスの特徴なんですけどね。

※個人と企業の直接契約では、基本的にサポートはありません。(参照:求人サービスの仕組み)

 

ハタラクティブは派遣会社のようなもので、アフターフォローも力を入れているわけです。働かせて終わりではなく、働き続けてもらって初めてハタラクティブの仕事なのです。

ぼくは「入社後のフォローは受けるべき」と考えるタイプで、個人と企業の契約だけだと、解決するのが困難なケースもあることを知っているからです。分かりやすく言うと、ブラック企業などの問題はサポートがあると便利です。

 

会社に向かって「直接的に、問題を訴えて何とかしよう」というエネルギーを使うのは相当のモノ。ここに、誰かいいアドバイスをくれたら・・と思う事は何度か経験しています。しんどかった・・(汗)

これができるのも、ハタラクティブの魅力ですよね。

 

ハタラクティブのデメリット~質は高いけど、求人数は少なめ~

「良いことばかり」のようですが、1つだけデメリットがあります。それは、他の求人サイトに比べると求人数が少なくなることです。

この理由はハタラクティブが企業側に条件を出し過ぎているところにあります。

  • 「フリーターなど未経験者でも採用してくれるところ」
  • 「20代の若者を正社員として雇ってくれるところ」
  • 「担当者が目で確認して、安心して働ける企業」

こういう細かな条件をクリアした会社しか扱っていないため、当然ですが関東圏といえど求人数は限られてきます。それでも、常時1000件は抱えてるので優秀なのですが(笑)

大手求人サイトのように、何万件もの求人を知りたい人向けでない事だけお伝えしておきます。

 

その代わり、扱われている求人の質は高いです。述べてきたような、何もわからない20代フリーターからでも採用してくれる企業が多いことにあります。

これらのことから、「そんなに多くの企業は必要ないから、じぶんに合った職場情報を教えて!」という方は、ハタラクティブに相談に行かれることをお勧めします。東京近郊に住んでいるメリットは活かしましょう。

登録はこちら⇒ハタラクティブ


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)