努力してるんだけど仕事が決まらない

頑張っても報われないから就活をやめたい

せっかく頑張って仕事を探している20代の方に残酷な話をします。それは、今行っている就活の努力が必ずしも実を結ぶわけでは無いということ。

 

ぼくが20代のころに知っておきたかったことでもあるのですが、就職とは「がむしゃらに頑張れば結果が出る」というものではありません

どういう意味かというと、個々によって就活で結果の出方はまるで違うということ。それが「努力の方向性によって決まる」という話です。陥りやすい就活努力の方向性ミスを知っておくだけで違いますよ。

じぶんに合った就活を意識したことが無かった20代

ぼくが20代のころは、まるで努力の方向性を意識したことがありませんでした。「何ごとも自己基準で頑張っていれば、いつか報われる日が来るんだ」と信じるのみ。

もはや宗教レベルですねw

 

でも、よくわからないけど「就活は頑張ったら成果が出る」と思っている人がいるのも確かです。さすがに30代くらいになると、「あれ?これおかしくね?」と気づくのですが。

20代くらいだと就職指導する側も「とりあえず壁にぶち当たっていけ」というアドバイスを送りがち。行動しなければ結果が出ないのは当然ですが、考えなしにやっても成果は上げにくい。

そこで大事なのはじぶんに合う就活を意識することなんです。これが努力の方向性になります。

 

「求人サービスは万能ではない」という事実を知る

たとえば、みなさんが使っている求人サービスが本当にじぶんに合ったものなのか?と考えているでしょうか。

  • ハローワークに通っていれば、興味のある求人募集が出されるだろう
  • ネット検索をしてしっかりチェックすれば仕事は見つかる
  • 派遣で相談すれば斡旋してくれるはず

 

これらは、色んな思いを持ちつつ求人サービスを活用していたぼくの20代のころです。

でも結果が出にくい時期もあったんですね。

 

それがまさに、求人サービスが万能ではないことを知らなかったからこそ起こった悲劇。どこにでも求人サービスだったら仕事が見つかると思ってはいけないんです。

人によっては、ハローワークの求人(経験者向け)を見ただけでやる気を失います。勝手に求人を自己解釈して、絶望に落ちていくわけですね

 

でも、そういう人はやる気を促される派遣会社に行けばすぐに見つかることもあります。ぼくもヒューマンリソシアなどでは、仕事をなかば押し気味に紹介されてやる気をだしたこともあるのでw

逆に人に言われるより、ハロワやネットで検索して個人で動く方が気楽な人もいます。

 

こういった仕事探しの段階で「じぶんに合う選択」をしなければ、努力そのものが水の泡になっていることも考えねばいけません

ぼくがハローワークの求人検索に通った時などは、じぶんがニート出身だったのでとても胸が苦しくなっていました。これで病んで、やる気を失っていたのでは本末転倒。

 

逆に派遣に行って、アドバイザーさんに後押しされたらすんなり動けたり。

このように、じぶんに適した場所を見極める努力をする必要性に気がつきました。当事者だと、仕事探しに焦って気がつけないこともあるので気をつけたいところ。

 

20代は「この就活の努力は正しいか?」という点検をすべき

求人サービスの使い方を一例に上げていますが、就活の努力に関しては至るところで点検すべきです。

たとえば手書きで頑張って履歴書を書く人が、必ずしも採用されるわけでは無いですよね。字が上手ければアピールになりますが、かなり下手だと逆に印象が悪くなることも考えられます。

 

「どうも手書きはじぶんに合わない」と感じたら、その努力はムダになっていることもあると考えるべきです。ぼくはこれらをしなかったので、ひたすら手書きを続けていましたがw

時にはパソコンで作成して、書類を作れるアピールに変えることも必要です。これによって評価は180度変わるかもしれないのですから

 

確かに「がむしゃら感」で就活していると「オレ、めっちゃ頑張ってる」という感覚にはなるんですよ。でも、それはあくまで自己満足の世界だと気づくこと

大事なのは常に「この就活努力は正しいか」と点検することです。これを繰り返すことで、20代で経験が浅かろうと自己最適化された仕事の探し方が見つかるわけですから。

 

ぼくもブログ内で、ニート・フリーターからの就活法をまとめていますが、個々の事情までは分かりません。

アドバイスは伝えますが、最後の微調整をして就職というゴールを決めるのは他でもない20代のみなさんです。ぜひ頑張っていただければと思います。

 

書類の書き方講座もよろしければ!

(ニート向け履歴書の書き方) (ニート向け職務経歴書の書き方)

(フリーター向け履歴書の書き方) (フリーター向け職務経歴書の書き方)


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)