給料の安い仕事だから彼女を求めてはいけない

年収○○より低い男性は、結婚したくてもできない・・

 

今回は主に20代男性に向かって主張したいのですが、職業や年収だけで恋愛や結婚を諦めない方がいいです

なぜこんなことを言うのかという話ですが、ぼくがまさに冒頭に書いたようなことを思いつつ20代を過ごした人間だから・・。

 

テレビや雑誌といったマスコミ情報を鵜呑みにし、「女性は男性を年収で見ている」という話を信じていました。今思えば、とんでもない間違いなのですがw

とはいえ、ニートやフリーター経験を長くしていると自信も失うモノ。結果的に、収入などでじぶんを判断して恋愛にも億劫になるという悪循環も起こりやすくなります

 

でも思うんですよね。20代のころって、無職だろうと恋愛は楽しむべきだって。そして、結婚だって求めていいということを伝えたいです。

というわけで「お金・仕事」を問題視して異性と関係を築けない男性に向けて書きます。異性関係は仕事にも影響するものなので、気になる方のみお進みください。

「年収・職業=ステータス」といった、価値観に縛られるな!

人って何かと他者と比較しますよね。男性だと年収や職業は、数字や肩書でわかりやすく可視化させやすいため話題にも上がります。

実際、こういった物から得られるスペックが恋愛や結婚の査定に使われていることも事実。女性によっては、「絶対に年収○○以上で仕事は○○な人」と決めている人もいます。

 

しかし、述べているようにあくまでこれは情報の一部に過ぎないんですね

別に収入や仕事を気にしない女性はいっぱいいるわけです。つまり「価値観」として認識できる程度の話。

でも、20代くらいの若さだと「価値観の違いだよね」とサラッと受け流す力がない。特にぼくなどは、ステータス主義だったので情報に踊らされ縛られていたわけです。

 

これによって、「ニートだし働いても非正規だし・・女性は相手にしてくれない」とじぶんを追い込み続けて20代を終えたのです・・。

「そんなの気にしない」と言ってくれる女性もいたのですが、偏った思考からぼくは結婚を捨てて20代を過ごし後悔しています。34歳の今、本気で相手探しをしても見つかってないんですから。

 

「20代の時間」は1度切り。恋愛や結婚を目標にする馬力を持て!

ぼくは「20代」という若さは、お金や職業を超える価値があると思っています。もちろん、これも一つの価値観ですが。それでも「20代という時期」は人生に1度しかありません。

お金を稼いだり、転職することは30代以降になってもできます。そう考えると、20代の時期には恋愛や結婚だって考えていいんですよね。

 

「収入が増える時期が来たら」とか「しっかりと定職に就いてから」と言っていては、いつまでも行動ができないまま。いざその時が来た時に、良いお相手がいるかもわからない・・。

20代で恋人がいることが当たり前の人は良いのですが、何かしら仕事や収入を気にしてアタックすることを諦めている人は特に注意です。ぼくがまさに何もしなくて悔やんでいますから。

 

逆に恋愛でも結婚でも、目標にすることができれば仕事を活性化させるエネルギーにもなるんですよ。ぼくは20代のころ、女性とのデート代を稼ごうと思うと馬力が出たのを覚えています。

「好きになった子をデートに誘って、ご馳走できるレベルになろう」という気持ちがあると、働くのも嫌じゃなくなる。そんな気持ちになれば占めたもの。

 

「仕事をしっかりして、収入を得るようになってから異性と遊べ」みたいな古臭いことを言う人もいますけどね。

そういうのは無視して、限られた時間を有効に使うべきです。

 

「年収が低いから」は、ただの言い訳に過ぎない

こう書いても、「女性はやっぱり男性の仕事や収入を気にするのでは?」と思う人はいますよね。でも、ぼくは確信してるんですよ。

それは、じぶんの仕事や年収を言い訳にしているだけだということ

 

仕事と恋愛って分けて考えるモノなんですよ。すごく密接に繋がってるように思っている人もいると思いますが、意外と女性は最初からガチガチに仕事を求めていません。

出会った段階ではお相手の年収なんてわかりませんし、仕事で何をしているかで見切りをつけたりしません。

そこで見切りをつける人は、価値観が合わなかっただけの話。それだけなんですよ。

 

これは、ぼくが31歳のころ介護をしていて、低所得だと女性に分かっても相手をしてもらえたことで気づきました。

何でもお金や仕事のせいで異性を諦めるのはまさに言い訳。

 

今、ここを読まれている方がおいくつか分かりませんが、少なくとも20代で恋愛や結婚を考えているなら動くべきです。異性関係が原動力となれば、人生は楽しくなるんですから。

言い訳をやめ、積極的に動くことをオススメします。就活ブログですが、たまには恋愛や結婚について考える機会を持っていただければ幸いです。

 

結婚のために収入アップしたいならリクナビNEXTDODAでバッチリ転職するのもありですよ!


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)