ニートから採用される仕事なんてあるの?

無職期間が長くても雇われる職種を教えてほしい

ニート歴が長いと、採用されるかどうかの不安が強くなりすぎますよね。ぼくは少なくともそうでした。「もうニートだから諦めるしかないのか・・」と思っていたくらい。

 

しかし、ニートだったとしても現にぼくは11回の転職を繰り返せています。もちろん、どんな仕事でもガンガン転職できるとは言いませんが・・。

少なくとも、ニートという状態が逆境にならない職種もあるということは経験上から言えます。では、どんな仕事ならニートでも採用されるのか。ぼくの実体験からまとめます。

「実務経験不要」「未経験者歓迎」の記載のある求人は狙い目

先に「ニートからも受かる仕事の特徴」を言ってしまうと、まずは経験値が無くても始められる仕事ということです。

ぼくがニートから採用されていたのは「実務経験」が不要だったり、「スキル・ノウハウ」といった物を求められない職種ばかりでした。もちろん、働きながらは身につけないといけないので、何もしなくていいわけではありません

 

その見極めは、「実務経験不要」「未経験者歓迎」のフレーズ。これらが書かれていると、ニートにもチャンスはいくらでもあると言えますね。

 

【工場労働】

たとえば、工場労働はオススメです。相性の問題ですが、同じ作業を淡々とこなせるなら、すぐにでも作業員として入職することも可能。ぼくは派遣を通して、一斉に集められた作業員の一人として働きました。

何しろ、「仕事はいきなり覚えれない物」という概念を飛ばしてくれるのが工場労働なんですね。入職して最初の説明を聞いたら、30分くらいで持ち場を与えられます。

 

すると、それだけでサクサク仕事をさせてもらえるわけですから。ニートとして対人不安がある人、コミュ障傾向の強い人などにも勤まりやすいと言われています。

ぼくも人と関わるのが苦手でしたが、「少しくらい話したいw」と思うほど無言で働かさせてもらえたので。

 

工場労働のおすすめポイントは、別記事にまとめているので参考にしてみると良いですよ。(ぼくの工場経験)

給料面、勤務時間といった労働条件が良いことが工場勤務のメリットですから。

(おすすめ工場求人サイトまとめ)

 

【介護職】

介護も非常に入職しやすいです。ぼく自身、長期で働けてなかった期間があったにも関わらず雇ってもらうことに成功しています。

介護は資格を持っていると有利と言われますが、現実問題はまずは働かないとわからないものです。運転免許がある人でも、運転しないと今ひとつ感覚がわからないものに似ています。

 

そういう意味で、介護業界の人たちも介護資格をあまりあてにしていない傾向があるんですよ。(さすがに介護福祉士など上級資格は信用しますけどねw)

ヘルパー、初任者研修くらいの資格なら、ほぼ無資格扱いでスタートを切りますので。サクサクと取得して始めるもよし、入職してから取るのもよしです。

 

ぼくが介護職を経験していたこともあり、ニート出身者にこそオススメしているんですけどね。

介護求人サイトによっては、働きながら資格を無料で取らせてくれるなど手厚いサポートがあり有利ですよ。下記にまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

(おすすめ介護求人サイトまとめ)

 

警備会社(警備員)

実はぼく、警備会社の社員になるかもしれなかったんですよ。親が知り合いからのコネで、「警備会社なら正社員で入社できる話がある」と持ってきたので。

でもぼくは断ったんですけどね・・。その当時は、ガチニートで外に出るのがしんどくて。それでムリムリと断ったわけです。

 

でも、警備関係の仕事はニートから採用されやすいことは知っていました。ちょうどニートの集まりだったサポステの友人たち2名も警備をやっていたので。

交通や施設などで警備をしていましたが、ニート出身とは思えないほどガッツリやってましたね。「未経験からでも始められる」と言っていたり、「難しいことは無い」と言っていたり。

まさにニートから採用される仕事です。

 

番外編:就労サポート員が推薦してくれる仕事

さあ、これまで書いてきた仕事以外にニートでも雇われるものはあるのかというと、実はかなりあるんですよ。

それはどういう話かというと、就労カウンセラーや転職コンサルタントなど企業と仲介してくれる人を持つパターンです。

 

ぼくだと、就労支援員をやったことがあるのも推薦してくれた人がいるからなんですね。ふつうにニートをしてるけど、人の気持ちは分かる若者なので・・という具合に押してもらう。

これはどこでも同じですが、やっぱり就職や転職に悩む人がいると、相談員さんやアドバイザーさんは助けてくれるんですよ

 

「ニートは派遣やエージェントを頼る道もある」とぼくはよく書いているのも、まさにこういう話。

直に転職エージェントや派遣アドバイザーと相談して、「ニートだったけど今は頑張れます」という気持ちを伝えれば良いのです。「働きたい」とか「正社員になりたい」という思いは、必ずサポートしてくれますから。

 

じぶんから仕事を見つけられず、ニートからでは採用されないと思う方ほど、まずはサポートを頼るといいですよ。意外かもしれませんが、人に後押しされると仕事ってすぐ決まるもんですから。

DODAなどは、専門のコンサルタントさんがいるのでお近くで相談できるなら行ってみることをオススメします。


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)