年収(収入)の低い男性は結婚できない

無意識にこう思っている人は多いです。ぼく自身もニート・フリーターを経験する中でそう思っていた側の人間。

でも「収入が少ないから結婚・恋愛が厳しい・・」と思い込む男性側に絶対的な問題があるんです。それは「行動せずに言っている」ということ。

 

こういうと、「女性側が収入を男性に求めているじゃないか」という意見が飛んできます。でも待ってください。それ、全国を見渡して出会う女性すべての人が言っている話ですか?

今回は「頑張って働いてもどうせ恋愛・結婚はムリだ」と諦めている男性がゼッタイに悪いという根拠を述べます。読み終えるころには、むしろ納得してもらえるはず。

女性に取って、「男性の年収」はスペックの1つに過ぎない

ぼくは介護をやっていたことがあるんですね。その時に、年収はふつうに200円万を切っていました。というか、年収150円万を切ってました・・非正規なので(汗)

ですが、その当時に知り合いの人から紹介された女性と付き合うことが出来たんですね。別に介護をやっていることも知っていましたし、年収は言えてないけど大よそ介護職が低所得なのは知られています。

 

でも関係なく付き合ってくれました。これは当たり前ですが、すべての女性が「低所得の男性だから相手にしない」ということは無いんですよ。

「年収はスペックになるけど、スペックの1つでしかない」ということです。高身長とか優しいとかイケメンとか色んなスペックがあれど、すべての女性が求めているわけでは無いのと同じ。

 

男性も女性に求める条件に、絶対にモデルみたいなスタイルの人がいいとか、顔がカトパン(ぼくの好みw)じゃなきゃだめだとはならないのと同じ。お金が無ければ無いなりにできる異性との関わりが生まれるモノですよ

「年収はスペックの1つ」という意識を持って、どんな仕事でもやってみることが大事。

さすがに無職では反応が悪いこともありますが、逆に何かしら仕事さえしていれば「働いていることがスペック」として評価してくれる女性が出てきます。正規・非正規も関係なし!

 

それを考えないで年収の低さに嘆いているのは、男性側が絶対に悪いのです。まずは現実として、お金に関係なく付き合ってくれる女性がいることを知るべきでしょう

 

婚活イベントに行って、男性は収入だけじゃないことを目の当たりにしろ

という話をしても、「キレイごと過ぎるww低収入で女に相手にされるはずがないww」と言って聞かない人もいるでしょう。

そこでぼくがオススメしたいのが婚活イベント

 

もう30代半ばなので、ぼくは婚活をバリバリにやっております。というか結婚させてw

そんな婚活では、軽く話をした後フィーリングチェックをするんですね。

「何番の女性がいいです」という意思を、番号に〇をつけて相手に伝えるという仕組み。これは男女が行うので、じぶんに好意を寄せてくれる女性の意思もチェックできるんです

 

この手の婚活イベントを使って「本当に低収入だから女性に相手にされないのか」を調べに行けばいいのです。

すごく分かりやすく「このお相手なら好印象です」と女性がアプローチを掛けてくれるわけですから。一度のイベントで10~15人くらいの女性が集まりますが、その女性たちに支持されないと思いますか?

 

もちろん、好みじゃない女性からアプローチも受けると思います。すべて気に入った子からアプローチされてたら苦労はしませんからw

でも、「収入が少ないから女性と結婚できない」みたいな悩みは解消されるわけです。意外なほど「お金は関係無いだろう」という事実に気がつくわけなので。

それよりも話してみてよかったフィーリングや、感覚的な物を重視している女性が多いことも発見に繋がります

 

もし本当に収入が少ないことが悩みなら、1回でも婚活イベントに行ってみましょう。

ふつうに「あれ?収入が低くても女性は気にしないんだな」ということが分かりますから。それが自信となって、さらに仕事を頑張ろうと思えたら最高にステキな未来が待っていると思います!

 

ぼくが使っている婚活イベントはユーブライドパーティーなどですね。色んなイベントがあるので好きな物に参加されることをオススメします

これでダメだったら男性が絶対に悪いとは言いません。まず現実を知って、誰もがどこかの誰かに好意を持たれることを知ることから始めるべきという話。


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)