頑張って働く気はあるけど、気が抜けて怠けてしまう

仕事を始めてもすぐに怠けてしまう人はいますか?

ぼくがそうなんですが、どうも怠け癖があるんです。本気で取り組む気はあるんですが、気が付くと手を抜くみたいな。

 

もうこれが憂鬱でして。最初はいいんですけどね。時間が経つにつれて「うおお!頑張ったるぞ!」という気持ちが薄れて行く。

怠け癖が出てくると、ちょっとした仕事でもやる気が無くしんどくなるんです。

上司や先輩に「しっかりやれ」なんて言われるんですが、性格的な物なのか治らずに困ったのが20代でした。しかしそんな人間だったぼくも、変わったんですよ

就職するけど怠け癖が出て困っている人に、改善策を提案してみます。

怠け癖が起こる理由は、仕事に対する心構えに問題がある

まず「怠け癖」がなぜ起こるかを考えてみると良いです。おそらく怠け癖を持っている方の大半が、怠けても頑張っても同じ報酬しか得られない環境で働いていませんか?

  • どうせ頑張っても残業だし
  • 完璧に仕事をこなしても給料は変らないし

こういった気持ちがいつもある中で、それでも頑張らないといけない環境にいると怠けたくもなります。

もし、頑張れば頑張った分だけ給料が上がるなら仕事への向き合い方も変わるはず。

 

他には仕事の立場も影響しています。

社長と社員であれば、経営の状況を気にしないといけない差は当然ありますよね。言うなれば、自分の力でどうにかしないといけないポジションかどうか。

 

怠けを起こす人は、これらの心構えが大いに影響していると自覚すべき

じゃあ、こういった怠け癖を起こす人は「心構えを正していこう」で済むかというとそうでもありません。

だって、メンタルを整えろなんて誰でも言えますし、思えることじゃないですか。それでも治せないから困っているわけで、ここは少し考え方を変えてみる必要があります。

 

怠け癖は絶対に治さないといけない事でもない

言い方は悪いですが、世の中の仕事は怠ける人がいてもできるモノだって多くあります。実際、フル稼働でバリバリ頑張らなくてもいい仕事はありますからね。

さすがに医者が緊急手術の必要な人の対応を怠けると不味いですが(苦笑)

ちょっとした作業仕事など、遅れたとしても大して影響が出ないものだってあります。

 

「怠け癖」は治せるに越したことは無いけど、治す努力そのものが面倒で働くのが嫌になれば本末転倒。むしろ、怠ける自分も許容しつつ働く方が良いです。

心構えに問題があるとは書きましたが、治さねばいけないと思いしんどくなるのも問題なんですよ。

自己嫌悪したりすることがなければ、別に怠けてしまったとしてもそれはそれで幸せな労働です。そういった人もいて、社会は成り立っているので。

 

まあ、意識が高い方は「怠け癖なんて許さない」というかもしれませんが。どんだけきれいごとを言っても、性格や仕事観でラクをする人は出てくる物なので受け入れるべき。

ただし、サボっている分だけ上から怒られるというデメリットとは背中合わせです。怒られる事に抵抗がある人は治す方がいいとは思いますw

 

「怠け癖を絶対に治したい」なら、仕事の責任を増やせる職に就け

さて怠け癖を治す方法ですが、手っ取り早いのは責任のある仕事を増やすことです。責任と言っても、何でもいいんですけどね。

責任の定義も難しいですが、「怠ける事で自分が苦しくなる割合」が高まるところに行くといいです。

 

ぼくの例で言うと、自営業をやっているので次のような環境に自然と身を投じてるんですね。

  • 自分が成果を出さないとお金にならない
  • 仕事を怠けてしまうと次の日がしんどくなっていくだけ

主にはお金の話ですが、やはり自分でやっているがゆえに怠け癖の強いぼくでも仕事はせざるを得ない状態です。

過去のじぶんが見たら驚きしかないでしょう(汗)

 

こういった働き方も、一種の責任を背負うスタイル。もちろん誰もが自営業をやりなさという話でも無く。

強制的に、自分がやらざるを得ない環境に行くのはありという話ですね。

 

営業関係の仕事などはそうですが、会社員でありながら成果を出さないと給料が上がらない環境なのでおすすめです。

「固定給」はそういった意味で、仕事に対する怠け癖を誘発しやすい要素があります。ぼくも「頑張っても給料が同じ」という環境が、それなりにつらかったですからね・・。

 

もし怠け癖が影響して仕事が嫌になってるニート・フリーターの方がいるなら、少し考え方を変えてみると良いです。

責任ある立場を目指すため「リーダー候補」の求人を一念発起して目指してみるなどしていると、意外とハマって頑張る事も増えてきます。

 

逆にいつまでも怠けてしまう環境にいる方が、怠けを悪化させることにもなりかねませんから。

「ちょっとしんどいけど頑張ろうかな」と思える範囲で努力してみることをオススメします。

20代求人を見ていると、候補生を要請している物が多いのである意味チャンス。もしやってみようかと思える仕事があれば積極的に応募してみましょう。

20代求人まとめ


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)