厳しいバイトなので辞めたいけど、社会で通用するレベルまでは頑張りたい

正社員になるまでの修行だと思って非正規をやっている

あ~あ・・、いちばんダメなパターンですね、こりゃ。ぼくの20代に思っていたことですがw

 

ぼくは、「社会に出る前のステップアップ」として、ニートからバイトを始めたんですよ。フリーターの人でも「まずはバイトで頑張って成果を上げたい」という人は多いですよね。

でもですね、バイトは修行じゃないんですよ。

 

ここを履き違えてしまうと、正社員になるために就活したくても出来なくなるんです。なぜなら自信を失うから。ぼくが人生ずっと非正規だったことが証拠w(華麗なる転職歴)

そこで20代の若者が、「厳しいバイトに耐えることが社会人になるための修行」と勘違いしている現状に警鐘を鳴らします。修行バカは集まれ~♪

「社会の厳しさ」を”ブラック企業の圧力に耐えること”と勘違いする20代

すごく勘違いしている人が多いのですが、バイトごときに厳しさなんて要らないんですよ。会社はやって欲しい作業をバイトにさせているだけだと分かってますか?

よく、「正社員とバイトでは責任が違う」とか聞きませんか?まさにそれで、バイトに責任ある仕事なんて任せられないのが一般的な職場です。

 

そのため、厳しいことをしているバイトさんもいるかもしれませんが、端から見たらただの修行バカだと思う方が良いですw

ぼくはバイトをバカにしているのではなく、「バイトに渡せる仕事というのは限定的なものだ」と言っているのです。誰でもできる繰り返し作業などが多くないですか?

 

その証拠に、厳しいバイトというのは

  • 時間的にどう考えても間に合わない作業量やノルマがある
  • 契約時間を超えた残業代が支払われない
  • 休日出勤を命じられるなど理不尽な要求を突き付けられる

 

などなど。このように「ブラック企業からの圧力に耐える」=「社会の厳しさ」だと思っちゃってる人が多いんです。いやいや、それ不当な契約をさせられてる労働搾取ですからって話w

今の20代は、むかしに比べて労働環境がキツめなことを知っています。努力家です。だから、「社会に出る=厳しい状況に耐えなければ」とインプットされてるんですね。

 

まず、じぶんのやっているバイトの厳しさが、真の仕事としての厳しさなのかを考える必要があります

それも知らずに、変な会社に合わせているのは、ただの修行バカだと言わせていただきます。

 

どんなに厳しいバイトに耐えても、面接官には1ミリも伝わらない

そしてぼくが問題視しているのは、厳しいバイトに耐えても面接官には1ミリも伝わらないということなのです。仮にバイトから正社員に昇格させてもらうのであれば、まだ見てくれている人はいます。

しかし、ほとんどのケースではバイト先を辞めて、正社員として働く職場にシフトしますよね。

 

その時になって応募書類、採用面接で「厳しいバイトに耐えた人材」がどれほど仕事のアピールをできるでしょうか?

「ワシこんなに頑張ったんやで!」と書類や面接だけで1割でも伝えられますか?

 

就職したい企業側には、どれだけ苦しい思いをしたかなんて、基本的に関係ないのが実態です。まだ、スキルとして資格や特技を話せた方が伝わるでしょう。

よっぽど社会的に有名なブラック企業で、そこでの勤続年数が長いなどならブラック耐性もアピールできるかもしれませんが・・。そもそも企業もブラック耐性なんて望んでませんけど。

それくらい、じぶんが修行だと思って「嫌な思いをした体験」なんて他人事に変わるだけなんです。

 

厳しい修行バカは「自信喪失」の怖さを知れ

ぼくは、職場内いじめや、差別にたくさんあってきました。無能ぶりを責められ、時には涙目になりながら耐えてきました。しかし、書いている通りそんな頑張りは実証できないのです

逆に「超ブラック企業で頑張りました」なんて面接で言おうモノなら、前職の悪口を言いふらす人材に見られかねません。

 

そうです。「1ミリも伝わらないバイト修行」をやっていたのは、紛れもない20代のぼくだったのです。

  • これくらい耐えられない人材は、正社員になれない
  • 違法労働の環境でも、頑張っておかねば「これだから最近の若者は・・」と受け取られる

じぶんをこのように追い込んで、結果的に「社会で働く能力がないんだ・・」とじぶん自身を悲観するようになりました。

 

「能力がないから・・」と、正社員に応募すらせず・・いつもバイトの繰り返し。そりゃじぶんのプロフィールも酷くなりますよ

修行バカだったせいで、自信喪失という致命傷を負いました

 

こんな経験を20代のころにしていたので、述べてきたようにまともに仕事スキルを積み上げられない30代になったのです。

 

ぼくが言いたいのは、「20代の間は無謀であってもいいんだ」ということ。バイトで通用しなくても、そこが劣悪な環境なら逆に通用しない方が良いという話です。

修行バカとして、ブラック企業に免疫がつくと、そういう環境を甘んじて受け入れるようになります。そして、ぼくのようにブラック環境しか採用されないと思い込む悪循環w

 

ぼくみたいにならないためにも、20代のみなさんは修行バカにならないように気をつけて下さい。20代なら、転職なんて余裕です。年齢で採用されるとはまさにこのこと。

若い20代女子が気に入られるかの如く、20代の若者を企業は好む傾向があります。「若いだけでチャンスはある」と思えば、おかしなバイトに苦しむことが減るはずですから

 

バイトでも正社員でも、自信を失わないように働ける環境を見つけて下さい。

20代向けの転職サイトまとめ

 


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)