• 「フリーターから正社員になるまで、時間がかかりそうで収入が不安」
  • 「いきなり長時間の仕事は、急すぎて自信がない・・」

すぐに正社員になれない人でも、「副業を使えば安定して稼ぐことができる」という話をします。

ぼくは、ニートから仕事を始めたのですが、非正規ゆえに給料問題で苦しみました。正社員になれず、なれたとしても周りと同じだけの給料を稼ぐ自信もなかったのです。

それでもフリーターとして働いていると、給料の差は感じざるを得ないんですね。「給料を増やすには、正社員になるしかない」と追いつめられるプレッシャーを感じるのです。

 

しかし今はネットインフラも整い「副業」で収入を補てんする方法もあるのです。ぼくも、いくつかの副業経験者で、正規雇用ほど稼げないころの穴埋めをしています。

急に正社員になれない人も、副業で精神的にラクになる道があると覚えておくとイイですよ。特に20代という若さで副業を考えられると、人生の選択肢も広がりますから。

非正規雇用でも、「気楽に稼げる」副業が増えた

20代の若者たちの「最終目標は正社員」という思いを、ぼくは全面的に応援しています。

ただ、前述したように「いきなりの正社員」が難しいといった事情を抱えている方もいるんですね。

そういう方は、非正規雇用者として外で働きつつ、足りない給料を副業で補うことを考えてもいいでしょう。副業と言っても、「仕事で疲れていてやる気が起きない」というハードルの高いものは避けます。

いわゆる、勤務後にバイトを掛け持ちするようなハードワークは掲載しません。趣味の範囲でできる「気楽な副業」をご紹介します。

せどり

ブックオフなどで、安く本を仕入れてアマゾンマーケットプレイスなどで高く売る副業です。

本が好きな方ならお分かり頂けるかと思いますが、廃版になった書籍などはプレミア価値がつくんですね。

安売りされている中古本でも、ネットでは高く取引されていることがあるため、本好きな人には向いています。立ち読みついでに、お宝があれば・・くらいの感覚でぼくも挑戦していたころがあります。

アマゾンの中古を検索して、置かれていなければ1万円の値段でも買う人がいるので、分かりやすい稼ぎ方とも言えます。

逆に、デメリットとして売れないこともあるため、仕入れは慎重に行うべきです。

ぼくは、古本屋に出かけるのが面倒で、すぐにやめてしまいました(笑) 商品を探す手間暇が、苦痛にならない人におすすめです。

転売

「転売」と聞くと、あまりいいイメージを持たれないかもしれません。

希少価値の出そうな商品を、ネットや実店舗で購入して、品薄になればヤフオクやアマゾンマーケットプレイスで売るという方法です。

発売したばかりのゲーム機や、限定版のCDなどは品数が少なく、高値がついても買い求める人がいるため稼ぐ人は多くいます。

せどりと同じで、これも在庫を抱えるリスクはあります。

これから売れるもの、品薄になる物に対する目利きができる方に向いています。

クラウドソーシング

 

クラウドソーシングとは、オンライン上で仕事を完結させるビジネスモデルを指します。

時代の便利さでもあるのですが、ネット上で自分のできる能力を売る仕事といえばいいでしょうか。

原稿を納品するライター業。イラスト作成や写真素材の提供をしている方もいます。プログラミングができる方などは、能力に応じたソフト開発を任されたりと何でもあります。

「自分には能力が無い」という方でも、アンケートに答えるだけでお金がもらえる仕事があるなど、すぐにお金にするには便利なサービスです。

自分で、どれくらいの仕事を請け負い、稼ぐのかを決められるので、自宅に居ながら稼ぐ大きな手段として人気なのです。

クラウドワークスなどは僕も利用したりしますが、ちょっとしたアンケートや記事を代行で書くなど手っ取り早いお金の入手が可能です。

興味があれば利用されてみるといいですよ。

登録はこちら→クラウドワークス

アフィリエイト

 

アフィリエイトも副業になります。ウェブサイトを作ったり、動画を作成してお金を得る手段ですね。

「広告収益」を目指すメディア展開をするのですが、サイト作成など相応の知識や経験が求められます。パソコンを触る機会が少ない方には、ハードルが高いところがあります。

サイトでゲームソフトの紹介をしたり、自分で考えたお笑いネタを動画にするなど趣味にすることも可能です。ブロガー、ユーチューバー、アフィリエイターなど呼び名も稼ぎ方に応じて分類されます。

ただし、サイトを更新することや、動画編集が面倒に思う人だとキツイです。売り上げになるまで、コツコツやっても大丈夫という人向けの作業になります。

まずは個人の趣味や、知識をネットに発信して楽しければ継続するのがベターです。

A8ネットはアフィリエイト広告の大手で、かなり豊富な案件が取り扱いされています。商品やサービスの紹介をしてお金になるので、ネットで稼ぎたい方なら登録は必須と言えます。

登録はこちら→A8ネット

会社から「ウチは副業禁止」と言われないために

「副業禁止」とされている企業もありますが、ぼくは非正規もしくは給料が安い会社は、禁止する資格がないと思っています。

実際に、法的に禁止することは不可能(公務員など例外はある)で、民間の会社であれば上記で述べたような副業をしている人は多いです。

少なくとも、副業でやってる会社員が増えたことで、上記の仕事がメジャーになってきました。

 

それでも会社の意向を気にされる方は、「収入が少ない分だけ副業で補います」と宣言しておくのも手です。

ただ、正直に言われた会社も「副業をされると自社の仕事がおろそかになる」と考えるのも事実あるんですね。ぼくに言わせれば、無視するだけですがw

そのため、企業と直接契約する場合は言わない方が良いでしょう。会社に縛られる理由もないですので。

 

しかし派遣会社などであれば、仲介担当者に伝えておくとスムーズです。給料が少ないことで困っているわけですから、派遣会社がお金を出せない以上は許可も出してくれます。

ぼくは、派遣会社に副業を堂々と伝えていました。ネットで稼ぐ手段を知らなかったので、「別の会社でも働きますよ」という感じですね。

「派遣会社+副業」は、とても合理的な稼ぎ方

派遣会社のいいところは、こういった別の仕事を持っていることが前提で話を進めてくれるところです。

20代なら「紹介予定派遣」から正社員になるのが良いと書きましたが、派遣と副業で稼ぐのは合理的な手段なんですね。

「働いても未来が無い」という若者の中には、金銭的に不自由している人も少なくないのですが、少し稼ぐ手段を増やすだけで世界が変わります。

正社員になる以外にも稼ぐ道がある」と心の中に置くだけで、気持ちは楽になるのです。

いきなり正社員になれなくとも、副業で稼ぎつつ生計を立てるのも立派な働き方です。非正規から正規に雇用されるまでの時間を、上手くやりくりしてみてください。


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)