今日も2ちゃんを眺めて一日が終わった

こんな人っていますよね。ぼくも無職時代、よく2ちゃんを見ていました。特に無職板はよく見ていて、ぶっちゃけ書き込みとかもしてたんですね(笑)

同じような境遇の人が、就職できずにもがいている。そんな場所は居心地の良さを与えてくれる場所でした。

 

しかし、ぼくは2ちゃんに入り浸る人は就職できないとも過去に書いています。

なぜなら無職同士が集まると、同じように安心してしまうから。「みんなも働いていない」と安心すると更に無職をこじらせます

これがリアルの場で会ってるならいいんですよ。就労支援の仲間とかですね。

 

2ちゃん内だと、本当は無職じゃないのに書いている人がいたり、煽るために嫌な書き込みを見せられることもある。いわば、マイナス要因が多いんです。

でもご安心を。

 

2ちゃん無職板を見ている人は、就活におけるポテンシャルの高さを秘めていますから。

「え?おれは無職だけどポテンシャルなんて無いよ」って人ほどあると断言します。

無職を気にする人ほど、自分のポテンシャルを信じるべき

ガチ無職やニートな人って、もう自分が無職であることなんてどうでもよくなるんですね。

ぼく自身も、病み腐って世の中のすべてがどうでもよくなった時期があるんですが・・。

その時は、全く他のことに関心を持てず「無職だから何?」くらいの感覚に陥っていました。まあ病んでるので仕方ないんですがw

 

ただ、無職を気にしている時って紙一重で社会に立ち向かえる状況であるとも言えるんですね。

一見すると無職だけど、社会人的な目で見るとポテンシャルはある状態。

 

2ちゃん無職板にいる人などは、基本的に「無職でいることへの焦り」とか「ニートを続けることへの恐怖感」があります。だから仲間を見て安心するんです。

その2ちゃんねるへ向かう熱を、少し逸らしていくことが大事。ずっと2ちゃんをしていても、前進は無いのでぼくも注意喚起しています。

 

「あ、2ちゃん見て焦ってるじぶんがいるな」と思えるなら、それは怖いかもしれませんが「社会に立ち向かう前サイン」だと自覚するようにすべきでしょう

ぼくは少なくとも、2ちゃん無職板を見ていた頃は同時に就活情報も少しずつ集めていたので。

「ニートはダメだ」なんて言われますが、働く意思があるから困っているんですよ

 

「2ちゃんを見る時間」の中で、10分だけ就活情報に触れる時間を取れ

そこでぼくが提案しているのが、「2ちゃんを見る時間があるなら就活情報も見ろ」ということです。別に、2ちゃんを急にやめろとはいいません。

その2ちゃん時間から10分でいいんです。求人情報を探すように時間配分を考えるべきという話。

 

さすがにハロワに行けと言っても、10分で何が出来るのかという議論になるので求人サイトなどをチェックしてみるんですね。

すると不思議なんですが、2ちゃんで無職板を見ていた思考が、「あれ?これなら就活してもいいかも?」という考え方も入ってくるようになるんです

具体的に求人サイトを見ていることで、脳内に働く自分をリアルイメージするようになる。これが地味に効いてくるんです。

 

嫌なら就職しなければいい。だけど、情報として仕事というものに触れることに意味がある。

タイミングよく、「これならやってもいいかも」という仕事があればラッキーですから。

10分だけ時間を取るのは、誰でも出来ることだと思うんですよ。特に2ちゃん無職板に生息する時間がある方は。

 

ネットの無職住人の中にいるというのは、ある意味で「今のじぶんが変わらなきゃ」と思っている証拠なんですよ。潜在的な心理状態のことですが。

これがポテンシャルとして残っている間に、ぜひ10分の時間確保の習慣を持つことをオススメします。

 

個人的には、何かを成し遂げた気になれる行動を目指すべきだと考えます。たとえば・・

脳内に「働く自分」をイメージさせることが、ゆくゆく現実化していきます。

毎日2ちゃんをしている先にある未来と、上記で挙げた行動を10分取り続ける未来。どちらが前進していると思いますか?と問いかけて終わりにしたいと思います。


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)