• 「履歴書を書くのがだるいな・・」
  • 「就活マナーでいえば手書きで、パソコンは印象が悪いらしい・・」

履歴書の作成は悩みどころですが、面倒くさいならパソコンで作ってしまうのが正解です。

いまだに就活の疑問として話題になる「履歴書の手書き作成問題」。これだけパソコンが普及しても、手書き推奨派がしぶとく生き残っています。

手書きが根強い人気を持っている理由はもちろんわかるんですよね。これはみなさんも理解されているからこそ困るポイント。

「手書きで書くことで熱意が伝わる」「文字は人の性格を表す」・・なーんて言われたら、手書きにしなきゃいけないかなと思いますから。

 

確かに、手書きで書けば熱意が”ありそう”に感じますし、実際に筆跡鑑定など心理分析をすることが可能な側面もあります。

でもそんなことできる人は、例外中の例外ですよ。ほとんどの人には関係のない話です

では、どんな時に手書きが必要なパターンになるのか?これには、たった2つだけ手書きで作成した方が良いケースがあるのです。それを除けばパソコンでオッケー。

時代の流れを経営者たちも読み取っている【頑固な親父を除く】

「履歴書を手書きで作成するなんて大変だな~」

ぼくは、面接のために手書きをする人に上記のような思いを抱きます。「熱意が伝わっていい」と思う人もいますが、平成を生きる人間にしてみれば非合理的すぎるのです。

たとえば全く別人が書いたキレイな字の履歴書を見せられたら分からないじゃないですか。さらに、字で人が分かるから採用なんて怖すぎです

 

当たり前ですが、目の前の人材に話を聞いて、その応答で採用するのが本筋

パソコンで履歴書を作ってきた人を、「あれ?手抜きしてるの?」と思う人は、さすがに時代遅れでしょう。これは、ほとんどの経営者も時代を読んで理解できるはず。

では、どんな場合に限って手書きで作るべきなのかをお伝えしておきます。必要な2パターンを書いておくので、該当する方は手書きで書いてみてください。

 

①「手書きで作成したい」という思いがある

「手書きか、パソコンか」と悩んでしまう人は、手書きで作成することをオススメします。「パソコンでいいと言ったばかりじゃないか!」と思う人がいるので理由もお答えしましょう。

「手書きとパソコン」で悩んでいる場合、仮にパソコン作成で不採用になったらどう思いますか?おそらく、「パソコンで作ったことがマイナスになったのではないか?」と感じるはず

それはそうですよね。「熱意の伝わる方法」としての手書きを選ばなかったのですから。だから、このように感じる人が手書きとパソコン作成で悩むのです。

 

つまり、「悩む間は手書きで書きたい」という気持ちもあるのです。もし、手書きでもパソコンでも同じ時間で一瞬で用意してもらえるなら手書きだと思うんですね。

そう感じるなら手書きした方が良いです。

 

そこから、「もう落とされるだけなので書くのが面倒」となったら、パソコンを使えばいいのです。書く気が失せた時ですね。

手書きは、「手書きで作りたいな」という思いがある間だけで構いません。それが、たとえ1枚で終わってもいいじゃないですか。

「手書きorパソコン」が就活の本質ではありません。経歴を伝えるためのツールを作っているだけに過ぎないのです。

「パソコンで作っちゃえ」と思えた時は、思い切りパソコンで作りましょうw

 

②達筆であり、手書きに自信を持っている

また、職種によっては「自筆が武器になる」というケースも出てきます。事務関係のお仕事をされる場合は、ちょっとした郵送などで「手書き仕事」が任されやすいのです。

つまり、「この人は字が美しいな」と思われて得をする業界・業種に応募するのであれば、手書きをした方がアピールになるということです。

下手な人は、逆にパソコンにすると評価は上がらずとも大きく下がることはありません(笑)

 

事務系に限らずとも、ちょっとした手書きで広告を作ったり、手紙や手帳を使った直筆のやり取りが必要な仕事も多いです。ぼくは介護をしていましたが、自筆する仕事は多かったですから。

「仕事上、どうしても手書きが必要になりそうだぞ」という場所に応募するためのアピール材料。これが手書き履歴書の強みになると言えます。

この2点に該当する人は、とりあえず手書きにしてみるといいでしょう。

 

「職務経歴書はパソコン作成」が常識になっている不思議

ちなみに、職務経歴書はパソコンで作成しても問題ありません。これは、ぼくが就活する中で教わってきたことです。

すごく不思議なことですが、「履歴書は手書きかパソコン」で「職務経歴書はパソコン」となぜか職務経歴書だけパソコン作成がオッケーになっているのです。

日本社会のわからないところですが、職務経歴書だけパソコンでも何も問題ないという風潮が出来ていました。けっきょく、適当といえば適当なんですよね(笑)

 

これから10~20年過ぎた時には、子どもたちが履歴書をパソコン作成どころか電子データで添付しているかもしれません。ひょっとしてそういう手間もないかもしれませんねw

時代の流れとともに、形式が変わっていくだけなのです。

今はまだ、手書きかパソコンかで悩まれると思いますが、流れはパソコン作成だと覚えておくと良いでしょう。

短期での就職を目指すなら、そもそも1枚ずつ丁寧に書く時間が勿体ないのですから


「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)