介護って忙しいんでしょ

老人の世話でゆっくり休憩(サボり)する暇はあるの?

ニート出身から介護をやるのはオススメであると以前お伝えしました。そのため、読んだ方によっては「介護でもやってみようかなー」と思うはず。

 

実際、20代の介護職員は重宝されており、若い孫のようなスタッフがいることでお年寄りも喜びます。ニートでも採用されやすいのは納得できるかと。

でも、イメージ的に「一生懸命に働かないといけない」と思っている人は多いですよね。ぼくも介護をやってみるまで悩んだのは、キツいイメージがあったからです。

 

そんな20代の方が、安心して介護業界にチャレンジできるように「こういうところはサボれるよ」という話をします。こんなことを言っていたら怒られそうですが、サボってる介護職員って多いんですよw

ぼくの見てきた先輩スタッフたちのサボりポイント

ぼくが実際に介護現場で働いたことがあることはもちろん。

他施設へ研修に行ったり、ニート期にボランティアで介護をしていたりと、色んな現場を見ていると先輩たちが「かなりサボってること」がわかるんですw

 

主に、「こういうところで手を抜いていたよ」という話を書いてみるので働く前から不安になっている人ほどチェックすべき。

 

★老人相手だからと言って、ずっと話さないといけないことは無い

介護現場のサボりを象徴するのは、やはり老人と話さないことですね。いや、こんなことを書くと「冷たい介護スタッフ」みたいに映るので誤解しないで頂きたいのですが(苦笑)

老人が利用者なわけですから、ハナシ相手をすべき時というのはもちろんあるんですね。利用者相手なので、丁寧に会話を聞くこともあれば話をすることも・・。

 

とはいえ、これは絶対やらなきゃいけないことでは無いんです。むしろお年寄りも話したい気分じゃない時にまで、わざわざ職員にトークを弾まされてはしんどいだけ。

年齢的にバリバリ元気なら施設にいないわけなので、話すこともしんどそうな利用者であれば隣にいるだけでよかったりします。ぼくは、これでかなり時間を過ごしてサボってました(汗)

 

ちなみに、認知症でしゃべり倒す方もいますが・・、そういう利用者さんとは疲れるので離れていてもいいのです。使い分けで、いくらでもラクはできるんですよ。

 

★見守りタイムを有効活用すれば、実質労働時間は短い

また、仕事の隙間時間がかなり出てきます。トイレまで連れて行けば、ズボンを上げることを手伝う必要がある利用者なら待つ必要があるんですね。

そういう利用者ほど、急にトイレから立ち上がってじぶんでズボンを上げようとしたりするので見張りが必要です。事故になったら大変ですから、この間は何もしなくていい。

 

入浴介助なら、湯船につかったまま溺れないかを見守るなど。本当に、こういう合間の見守りタイムは多くなります。こういうところでサボる職員は多いですね。

見ているだけなので、やることもなく・・w これらの時間も労働時間に入るため、働いているけど実質的に休憩してることはよくあります。サボれる時間を有効活用して体力を温存すべきです。

 

★外出は至福の時間となる

介護現場は、入居型でも通所型でもレクリエーションの一環で外出があります。さすがに室内に閉じ込めてしまうのは、お年寄りもしんどいですからね。

そこで色んなところに出かけますが、この外出がサボりに直結するのは言うまでもありません。とにかく車で移動するので、運転する人が多少の負担と感じるかどうか次第。

 

乗っているお年寄りに何かあった場合に備えて、助手的な意味でもう1名が乗るんですけど、助手になるとラク以外の何物でもないですよ。もう、「クルマに乗ってるだけの人」なので。

定期的に外出イベントがあるので、ここを利用してゆっくりされてるスタッフは多いですね。

意外と距離のある場所に行くことも多いですし、往復時間が必要なだけ至福の休憩となります。往復で1時間あれば、実質勤務は1時間減らせますから

 

という具合に、ぼくの好きな介護サボりの話を書いてみましたが、人によってラクに感じるサボりポイントはだいぶ違います。

「介護はキツイ」というイメージで、応募してみようか悩む20代も多いと思うんですが・・。ぼくのように、働いてみると介護は意外とラクが出来る仕事なんだと気づくのです。

 

実際、仕事をすぐに辞めてきたぼくが2年以上も働けたわけなので。それだけ、休憩&サボりがあったからこそ続けられたということですねw

20代からのおすすめ介護派遣サイトランキング厳選3つ

雇用主と直接契約を結ぶより、まずは派遣会社を通した方が賢明です。サービス残業にまつわる保証、職場内の様子などは派遣サービス仲介によって防げる問題ですからね。

特に「労働環境を重視して働きたい」、「ブラック介護施設は嫌だ」という方ほど派遣システムをおすすめします。紹介予定派遣を使えば、どんな職場なのかを調べ切った上で正社員になることも可能なのはメリットです。

  • ツクイスタッフ




    ・全国34支店を構えるなどバツグンの地域密着性
    ・東証一部上場の信頼と安心実績
    ・無資格でも相談対応OK

    派遣会社は全国どこにでもあるのですが、「介護派遣」に絞るとまだまだ地域によっては弱いところがあります。その点、ツクイスタッフは全国34支店と網羅しています。東証一部上場するだけに規模も大きい。

    キャリアアドバイザーの方も、介護資格を所持しており経験は豊富。つまり、介護派遣の案件を扱っているだけにとどまらず、的確な助言をもらえるということ。扱っている案件の詳細を知らないということはありません。

    バックにいる派遣会社が強いと、結果的に派遣先との交渉にも強く出られるためオススメです。無資格者にも対応しているなど、初心者でも相談に乗ってもらえるのは嬉しいところ。

    ツクイスタッフに登録する
  • かいご畑




    ・無料でキャリアアップを応援してもらえる
    ・無資格、未経験者がスタートしやすい

    何といっても、働きながら無料で受講できる「キャリアアップ応援」は活用すべきです。介護の資格取得には、いくらかのお金が必要となるのですが・・。かいご畑に登録して働くことで無料になります。

    「手に職がつくけれど、お金の面で負担するのは・・」と引っ込んでしまっている方は、かいご畑での就労がオススメ。無資格、未経験からのサポートを資格取得込みでしてくれるため、介護業界で働く気なら便利のひと言。

    デメリットを上げるとするならば、地方に弱い点ですね。関東、関西、中部、福岡など都市部の方は積極的に使えるので、チャンスとして検討されるといいですよ。

    かいご畑に登録する
  • メドフィット介護




    ・転職エージェントが直接足を運んだ企業求人のみ掲載
    ・手際が良く、最短3日のスピード入職が可能

    派遣の信頼ポイントはエージェントが施設を直接見ているかどうか。この点はものすごく大事です。見てくれていると、こちらから突っ込んだ質問にも受け答えしてもらえやすいですから。

    全国的にも展開しており取り扱いの少ない地方にも力を入れています。一部地域は揃っていないのですが、それでも求人を取りに行っている姿勢は高評価。

    ちなみに、仕事を早く始めたい方におすすめです。最短3日でのスピード入職を実現させているなど今すぐにでも働きたい方の要望も聞いてもらえます。非公開求人も豊富なので相談するだけでも価値アリ

    メドフィットに登録する

「働いてみたいな」←このやる気をムダにしてませんか?

仕事探しって面倒ですよね。ぼくも「働きたくないけど、働く意思はある」という状態で20代は悩んで来ました。

しかし、思い返せばこの悩んだ時間がムダだったとも反省。悩むと「今はまだ」とか「明日から」と先延ばしするんですよね。


結果的に次の日も、先延ばしをする後悔ループ(苦笑)これが続くと、せっかくやる気を出しかけたのに悩んで苦しんだにも関わらず進展がないという最悪の状況に陥ります。

だから伝えたい。「僅かであろうとやる気があるなら、今この瞬間に行動すべき」と。


何も就活はやる気MAX状態でなくてもいいんですよ。ちょっとハロワに行く、ネット求人サイトを見る。なんでもいいんです。今あるだけのやる気を大事に使いませんか?という話。


精神的に疲れていると、仕事探しどころじゃないのは誰もが経験しているはず。


それなら今ある「やる気の範囲」で行動する。その中で出来る限りのことをやれば、後悔のない明日がある。この考え方を心がけて求職活動をされてみて下さい。


たとえば、僅かな労働意欲がある方ならリクナビのチェックなどは出来るはず。もちろん、部屋の中で出来ます。おすすめ理由は3つ。


リクナビをお勧めする理由
リクナビネクスト
  • 求人数は業界トップクラス。全国どこでも仕事が見つかる
  • 20代にうれしい「未経験・初心者OK」の求人情報が豊富
  • 登録のみで非公開求人を全てチェックできる

就活の面倒臭さを、とにかく飛ばせるのがリクナビです。ネット登録した瞬間から非公開求人を含む、全国トップクラスの求人案件を見ることが可能。これにより、仕事を探したけど何もないという状況が確実に減ります。


もちろん、未経験や初心者向けに安心して働ける求人は豊富。登録するだけなので、電話が掛かってくるなどの心配も不要ですよ。

スカウトメールなど登録するだけで、未経験スペックでも働かせてもらえる案件のお知らせが来るなど便利のひと言。


働きたい、面接を受けたいと思った時に「登録からやらないとダメなのか」という心理ハードルを下げるためにもまずは求人チェックが有効です。

ぼくの経験からも、こういう小さな行動をするだけで「後悔なき明日」を迎えられます。迷っているなら、たった5分の登録から始まる1歩をまず踏み出すと、今のやる気もムダになりません。ガンバです!

後悔しない明日を迎えるために⇒リクナビNEXT(未経験者歓迎)